ITに場所は関係ない

ITというものはコンピュータやモバイル端末、機械を介してウェブ上で様々なことを行うことです。それ故いつ、どこにいても回線が繋がりさ えすれば利用できるというものです。
ですので、よく海外のIT企業は国のいたるところに散らばっていたりします。
さらに、社員が在宅勤務というのもざらにある話です。それは、ITというものに場所は関係ないからです。

一方で、日本はどうでしょうか。
日本では様々な企業の本社が首都である東京に集まっています。実はその中にIT企業も数多く含まれているのです。
場所が関係ないという利点を持ちながらも首都に集まる企業の現状に、海外からは「ITの意味は?」と言われてしまうこともあるようです。

しかし、日本は国内の移動にもそれほど時間もかからないし、なにより人のたくさんいる、集まるところから情報は発信されていくのでIT企業が集まるのも無理は無いと思います。そして、やはり地方より勉強会が盛んに行われていたりするので、自分のスキルを上げていきたい人は都心にいたほうが情報もスキルアップの機会にも恵まれると思います。

また、最近では人材不足を受けて、人材確保のために東京から地方に出向いて優秀な人材をヘッドハンティングするということまで行われているそうです。
それほどまでに、IT業界内の生き残り戦略は激しさを増しているのです。

しかし、それまた一方で企業によっては在宅勤務を推奨しているところもあるようです。これは通勤時間の短縮や企業自体が節電出来るという理由から行われています。
このように、働き方を選べるのも場所を関係なくすことの出来るIT技術のたまものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です